結婚式場の決め方は?見学するときのチェックするポイントは? 

女性の一生に一度(のはず)の晴れ舞台 それが結婚式!
最近は、地味婚や結婚式をしない方も増えていますが、両親やあの時やっていれば・・・とならないように。
一生に一度しかない、晴れの舞台はぜひ経験しておきたいものです。
 
 
 
結婚式場を決めるというのは、結婚式を行う上でかなりの重要なポイントになる訳ですが、結婚式を良いものに、さらに来てもらった人にも好印象を持ってもらう為に、参考になればと思いこれを書いています。
 
 
 
現在、結婚を決めてから、結婚式を行うまでに期間が短くても行えるようになり、CMで「スグ婚ナビ」などよく聞きますが。よっぽどの場合(デキ婚など)を除いては、できれば時間をかけて選びたいものです。
 
 

結婚式場には、必ず足を運びましょう

忙しい合間に、結婚式場を回るのは大変と結婚相談所みたいな所で、相談して実際に見学しない方も増えているようです。
結婚式を悔いのようにしてもらう為には、ぜひとも足を運ぶべきだと私は思います。
 
 
 
自分が行ったことない所を他の人に説明するのは大変ですし、ナビが普及して、携帯も普及して若い人は大丈夫だと思いますが、結婚式は、普段合わないような親族や友人を招待する場でもあります。
 
 
 
あの時の〇〇の結婚式は、悲惨だったとか・・・。悪い記憶はいつまでも残るので、一生言われ続けないように、時間を作って見学しましょう。
 
 
 
今回、私が結婚式を行った、街の教会(本物の教会)について、結婚式場の決め方やチェックするポイントを書いて行きたいと思います。
 
 

結婚式場を決めるときにチェックするポイントは?

私の場合は、結婚式場は両親の希望で両親が通っていた、「カトリック城北橋教会」住所:名古屋市北区金城1-1-57  電話052-912-7123で行いました。
場所は、名古屋市営地下鉄の名城線、名城公園駅を出て、北へいったところです。
 
 
 
本物の教会ということもあり、最初に、私が1人で教会に電話した所、
神父さんの都合を尋ねて、詳しいお話を聞くことになりました。
 
 
 
そこで初めて、二人で結婚講座受講の必要がある事。
現在の結婚式の予約状況などを聞き、合わせていつぐらいなら結婚式が出来るかを尋ねました。
 
 
当時は、教会の中に冷房設備がないということで、今の時期(8月)は結婚式をしていないということを聞き、驚きました。
桜の満開の時期が良いということで、4月に予約を入れました。
ただ、仮に予約しただけなので、早めに本予約に来て下さいとのことでした。
 
 
 
その後、旦那さんと予定を合わせて、行くのが少し大変でしたが、結婚講座に通い終了証を貰いました。
終わってしまえば良い思い出と、勉強になりました。
結婚式の本予約の申し込みは2人揃って来て下さいと言われ、行きました。
 
 
 
この教会は、駐車場が広く、自然も豊かで、結婚式場になる2階の聖堂は200人収容可能。
教会の鐘の音がとてもきれいで満足しています。
 
 
 
本当は、桜の時期(4月)に予約を入れていたのですが、両親から早めに式を挙げてほしいと言われ、予約を変更して12月に結婚式をしました。
12月は12月でクリスマスツリーや、クリスマスの飾りが施されており、ポインセチアなども並びきらびやかな聖堂になっていました。
 
 
 
満開の桜の中で、集合写真を撮りたかったので、それだけは残念です。
 
 

街の教会を見て回る時に、チェックするポイント

 
①一般の人(信者さんを除く)の結婚式を行っているかどうか。
 厳しい教会だと、一般の人でも信者の方でも、初婚のみ(離婚不可)の場合があるそうです。
 
 
②日時で、土曜日のみとか日曜日のみなど制限があるかどうか。
 同じく時間に制限は?
 1日に1組とか、2組とか決まっている場合があり、
 また時間も午前と午後で何時~と決まっている場合があるそうです。
 絶対に、確認が必要です。
 
 
③結婚講座など受講しないといけないかどうか。
 結婚講座は、通信でもやっているらしいです。
通う場合、どうしても出来ない場合は、個別対応もして頂ける場合があるそうですが、詳細は教会の神父さん、牧師さんに尋ねましょう。
 
 
④結婚式は何か月先なら行えるか(③のような条件があり、すぐには出来ない場合あり)
 あと、教会のイベントなどと重なると結婚式を行えないので、日時等がある程度固まっている場合は、先に確認しましょう。
 
 
 
⑤見学はいつでも出来るか。
 平日のみ、休日のみ、時間帯などいろいろ制限がある場合がありますので、確認しましょう。
 
 
⑥詳しい話を聞くのは、いつなら可能か。(平日が良いのか、休日が良いのか、時間帯など)
 お昼休みがあったり、事務の方の都合だったり、神父さんや牧師さんの都合もありますので、アポイントは大事ですよ。
 
 
 
⑦神父さん、牧師さんは、日本の方かどうか。結婚式は英語か日本語かなど。
(必要な方は)神父さんや牧師さんは、場所によって転勤があるそうです。こだわりのある方は、お尋ね下さい。
 
 
 
あと、結婚式の時間を決めている場合は、その時間に一度以上訪ねた方が良いです。
城北橋教会の場合、午前と午後では、聖堂の色が変わるので、衣装決めやブーケを決める時に、聖堂の写真がある方がいいです。(事前に撮ってよいかご確認下さい)
 
 
 
本物の教会はやはり、結婚式用のチャペルとは一味違います。
ぜひ街の教会で本物の結婚式をあげましょう。
 
 

カップル必見☆ポイントが貯まる、結婚式場検索サイト!